納税対策の根本的見直し

現金ではなく土地にするのが基本

地主さんは資産は土地を持っているだけでなくその他にも、現金をたくさん持っているケースがあります。
このように土地も現金も所有したままでいると、相続問題が発生した際には多くの税金を支払わなくてはなりません。

また特に相続問題が発生していない場合であっても、すでにたくさんの税金で悩まされてしまうこともあるでしょう。
ですから地主さんは納税対策に関して根本的な見直しをしていかなくてはなりません。
可能な限り税金を支払わなくて良いように工夫しましょう。

現金がたくさんあるケースや、土地がたくさんあるケースでは税金ばかりが出費として経済的な負担になるので、これを抑えるのは当然のことです。
特に多くの土地を所有している場合には固定資産税をはじめとして、土地にかかる税金が高くなるため、効率の良い方法で節税をする必要があるでしょう。
まず第1にたくさんの現金を所有している場合は、現金そのものを長年にわたって持っていても宝の持ち腐れになることがあります。

また、同じ金額を銀行などにプールしておくだけでなく、これを少しでも収入に変えるために建築物にしてしまうのが良いです。
最もおすすめなのは賃貸住宅になるでしょう。
賃貸住宅であれば税金が70%まで抑えられることと、家賃収入があることで将来的にもある程度安定した収入が見込めます。

駐車場としての利用も良い

場所的に需要の高いところであれば、賃貸住宅ではなく駐車場として利用するのも一つの方法になります。
時間貸しの駐車場などにすれば多くの利用者がいるため、これも一つの収入になってくれるでしょう。
上記の通り賃貸物件にするのが1番ですがそこまでの費用がないというケースや、賃貸物件は管理が大変なので避けたいというケースであれば、駐車場としての活用がお勧めになります。

このほかの節税対策や納税対策としては、やはり現金は建物に変えてしまう方が良いので自宅の改築を行うといった方法や、そのほかにも現金そのものは贈与税のかからない範囲で親族などに分けて行くのが良いでしょう。

生前贈与は年間110万円を超えないこと

現金として親族の方々に生前贈与を行うのであれば、年間で110万円を超えない金額を守ってください。
110万円を超えてしまうと贈与税が必要になってきます。
納税対策のために生前贈与を行うわけですから、ここで贈与税が必要になってしまうようではマイナスです。

自宅のリフォームや建て替えなどを行う際には一つの資産として残すことができますが、やはり固定資産税等が必要となってくるので、あくまでも現金そのものを減らし、将来的な相続などで活用するために建て替えなどを行う時に資産がほとんどです。
どのような納税対策が1番ベストなのかを十分に考えた上で実践していきましょう。

一年を締めくくる大掃除のプラン

汚れを落とす大掃除を計画

今年の汚れは今年のうちに落としてしまおうと、大掃除を年内に済ませる家庭は多いと思いますが、我が家もその例に漏れません。
夫とふたりで掃除をおこなうのが毎年の恒例になっています。
しかし、夫は私の指示によって動いてくれるわけですから、私が指示をしていかないといけません。

そのため、そのプランを立てるのも私の役目なのです。
つまり、私にとっての大掃除はクリスマスを過ぎたあたりから本番モードというわけです。

年齢的なキツさも出てきた大掃除

これまではキッチンやお風呂場などの細かい掃除が必要になる場所は私が担当して、壁や窓、柱などの掃除、床の掃除など体力が必要になったり、身長が必要になる箇所は夫に任せていました。
しかし、年齢のせいもあるのでしょう。
そろそろお互いに辛くなってきた部分があるのです。

そのため、ここ最近は業者さんに一部をお願いしています。
業者の活用を最初に言いだしたのは夫のほうです。

当初それを聞いたときには「とんでもない」と断固として反対しました。
私は業者を使ったことがないため、詳しいことは何も知らなかったのです。
そのために反対してしまいました。

実際は安かった業者のお掃除

どうして反対したのかと言えば、家のすべてを業者任せにすることになると思っていたからです。
実際に調べてみるとそんなことはなくて、たとえばお風呂だけ、キッチンだけなどというピンポイントでの依頼ができるのですが、それを知らなかった私はすべてを任せないといけないと思い込んでいて、そんなことになれば大金が出て行くとばかり考え、断固として反対したのです。

しかし、実際には違っていて、面倒な換気扇まわりのお掃除を1万円程度でおこなってもらえるなど、依頼した場所だけの掃除が可能ということを知ったのです。
そのため、私の考え方は大きく変わりました。

床を拭いたりキッチンのシンクを掃除することはそこまで大変でもなかったので、自分でもできます。
しかし、レンジフードに関しては厳しく、ここを業者さんにお願いしたかったので、ここだけを依頼しました。
金額も安くて、しかも自分でおこなうよりも綺麗に仕上げてくれたので大満足です。

これまでは油汚れを取るために数時間もかけていたのですが、これからは業者にお願いしようと決めました。
それだけの時間を使ってそこそこ綺麗にするくらいならば、1万円程度のお金を払ってプロレベルの綺麗さを目指してもらったほうが良いので、今後も頼りにしています。
そのため、次も業者と自分たちで大掃除をがんばる予定です。

最も面倒な箇所を業者さんにお任せできるとあって、私も夫も大掃除のプランを考えるとき、これまでのように後ろ向きな気持ちはありません。
プランを決めるのさえ楽しくなっているのです。

今年のクリスマスは思い切って手作りで

ハンドメイドにこだわるクリスマス

例年、クリスマスは1年を締めくくるイベントとして楽しんでいますが、これまでは既製品を買ってきて楽しんでいました。
でも、今年は急に思い立ってハンドメイドの手作りクリスマスを楽しんでみたいと思ったのです。

あくまでも目標ではありますが、ケーキとか飾り付けとかを頑張ってみたいと考えています。
ケーキに関しては世の中には手作りしている人が多いみたいですし、レシピも豊富です。
それにホームセンターとかに行けば、たいていの道具とか材料も揃うみたいなのでその点でも安心です。

やはり、そういうアイテムを揃える時点で大変だと挫折してしまいそうですが、ネット情報で見た限りでは素人レベルではじめてもどうにかなっちゃうみたいなので頑張ってみようと思っています。
それにケーキってこれまでは買うものというイメージでいたわけですが、これを買うものとして考えると意外と楽しいんです。
どんなタイプのケーキにしようかとか、サイズはどうしようかとか考えるのも楽しんです。

みんなを巻き込んでみる

また、手作りのクリスマスをただの夢ではなく、確実に実行するために今年のクリスマスはパーティーを主催して、人を巻き込んでしまうことも検討中です。
自分の中だけで思い描いていると、どうしても実現できなかったり、途中で苦労しながら挫折してしまうような気もしているのですが、人を巻き込んで、声をかけてしまえば、もう後戻りはできないわけですから、どうにかなってしまうような気がしているんです。

人様に対して迷惑をかけるのは好きではないので、声をかけてしまえば、それが自分の背中に乗ってきて、火事場の馬鹿力ではないですが、なんとか頑張れると思っています。
そのため、今年は知り合いや友人なども呼びたいです。

そのためには招待状も必要になりますし、人を呼ぶとなれば部屋の装飾もがんばりたいです。
また、ケーキだけというわけにはいきませんから、そのほかの料理も手作りでがんばりたいです。

どんなラインナップにするのかはこれから考えていかないといけないのですが、なかなか楽しいパーティーになるような気がしています。
それに一度やってしまえば、そのあとはノウハウを持っているわけですから、次回からはラクにパーティーを開催できるような気がしています。
そのようなラクを得るためにも、今はまずがんばりたいです。

こういうふうに物事を計画したりするのは嫌いではなく、むしろ好きなほうなので、これから細かくプランを考えていきながら本番を迎えられたらと思っています。
こうした目標を決めても挫折してしまうことが多かったのですが、今年はそういうことがないようにしていきたいです。
有言実行を目指してこれから頑張っていきます。